読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の出会いを求めて……毒舌に行こう!

最高の出会いを求めて、私が行って来た活動を全て書いていきたいと思います!今まで出会ってきた数々の人々。お別れの理由など。 出会い系サイトの歩き方、どんな人が居るかも書いていきます。

男「女はバカな方が可愛い」 女「男がバカすぎて困る」

PCMAX YYC HAPPY MAIL デジカフェ ラブサーチ 出会い 出会い系サイト 日記

「女は馬鹿なほうが可愛い」といわれる事が多い。

私自身「馬鹿な女」は大嫌いだ。


本当に、馬鹿な女が好かれるのかどうか考えてみた。
偽装馬鹿じゃなくて、本物の馬鹿の場合。


1.物を知らないお馬鹿

 極端な例で行こう。

 男「パソコンって知ってる?」

 女「パソコン~? 何それ、知らなぁい。
   教えてぇ~」

 男「……」

 パソコン説明しろったって難しい。
 というか、どんな話をしようとして
 パソコン知ってる?なんてなるのかっていうね。

 たまに、知識を披露しようと鼻息荒く挑む人が居るが
 「それってどういうやつ?」と聞かれるとテンパって答えられない奴が居る。
 自慢したいならしっかりオベンキョしてからだよね。
 

2.言葉遣いを知らないお馬鹿

 男「親父、おふくろ、これ彼女」

 女「彼女でぇーす!よろしくおなしゃーす」

 男「鋼メンタル…」


3.漢字・英語読めないお馬鹿

 男「あ、英語で警告文書いてある」

   danger

 女「んーと、ダンガー!」

 男「ダンガー……… She is danger」


4.自分のことを名前で呼ぶ

 女「からなはねぇ…」

 男「ん、お前歳いくつだよ」

 女「20代後半でっす★」

 男「いい加減キモイやめれ」

 女「あ、ママがね、家にたまには遊びに来いって」

 男「ママ……欧米かっ!!」

20過ぎてのママ呼びは外国人(または帰国子女)でない限り鳥肌立つ。



基本に戻るか。

男が求めている「バカな女」分析してみた。


1.知識を披露しない女(知っていても知らない振りが出来る女)

 たとえ知っていたとしても、男が知識を披露しようとしている場合
 3歩下がって見守る女。
 たとえ、完全に間違えた話をしていたとしても、とりあえず見守る。

 見守りつつ「そうなんだ~、へぇー、スゴーイ!」と言っていれば
 男がふんぞりかえることができる。

 男の本音「人より上に立ちたい!」
 
 
2.否定的な意見はあまり言わず「やろうよ!」と言う女

 自分の言う意見に賛同してくれる、常に自分の味方の存在を求めている。
 まぁこれは誰だってそうだろうけど。

 男の話す夢物語に真剣に話を聞いて
 ずーーっと前向きなコメントをくれる子を求めている

 男の本音「絶対的味方欲しい」


こんなものか?

まぁとりあえず、本当のバカ女じゃダメだってことね。
常識やマナーは知っておかないと。

あとは…男は男でお馬鹿ちゃんが多い。
女より精神年齢が低いといわれていることもあるが
いつでも心のどこかに少年を持ち合わせている。

少し大人になって欲しいと思う今日この頃。

バカざんまい (新潮新書)

バカざんまい (新潮新書)

アフィリエイト